キッズマナー講師 彈正原由紀様|にこやかに食事を楽しむ家族を増やしていく


事業内容を教えてください

キッズマナー講師をしています。
はじめはお子様を対象に挨拶の仕方や電車の乗り方、お友達と仲良くする方法といった子どもの頃に身に着けるマナーの土台をお伝えしていたのですが、オプションでやっていた”お箸や鉛筆の持ち方のレッスン”の需要が多く、今は”お箸の持ち方”をメインで教えています

基本は対面でのレッスンですがコロナの影響で対面のレッスンが難しい状態が続いたため、オンラインでのレッスンも始めました。子どもにお箸の持ち方を教えてくれる場というのがあまりないため遠方の方など普段なかなかお会いできない方からも反響をいただき、現在は対面とオンラインの両方でレッスンを行っています。

事業を始めたきっかけを教えてください

私には子どもが二人いまして、下の子の産休中にコーチングについて勉強したのですが「それを何に活かすか」と考えたときに”子どもになにかを伝えることに生かしたい”と思いました。私の祖母が礼儀作法の講師をしていて私自身も習いに行っているのですが、礼儀作法やマナーって堅苦しいイメージがあり面白くないのです。ただ、”礼儀作法やマナーを身に着けることは一生の財産”だと思いますので子どもにも伝えていきたいと思ったことから、コーチングを取り入れた子ども向けのマナー教室を始めました。
まずは自分の子どもに実践してみて、声のかけ方など性格の異なる2人の子どもに教えることで学んだことを教室で活かしています。
  

事業をやっていて大変だったことや失敗したことはありますか?また、それをどのように乗り越えましたか?

グループレッスンをやっていて「どう流れを作っていったらいいのかな」ということに最初はとても苦労しました。それぞれ参加してくれるお子さんの年齢層が違いますし、途中で飽きてしまう子もいますのでどう工夫したらよいかということが悩みでした。

大人は1時間のレッスンに耐えられるのですが子どもは5分しか耐えられませんので、その5分をどう活かしていくか、時間をどう使うかということは工夫を重ねていきました。
休憩を多く入れたりお家に帰ってからもできるように保護者の方にアドバイスをする時間を設け、子どもに教える時間と保護者の方に教える時間を半分ずつにしています。これまで子どもに教えていく中で”子ども目線で伝えることが大切である”ということを学びました。

あなたにとっての”質の高い教育”とは何でしょうか?

”覚えたことを日常化してもらうこと”を大切にしています
子どもに力をつけてもらうためには、どんどん実践し毎日やってもらうことがとても大切になります。日常化し毎日実践することで学んだことが身についていきますので、継続してもらうためにも宿題を出して親子で実践できるように工夫しています。「宿題はイヤ」と言うお子さんも多いのですが興味を持てたり達成感を味わえる内容にすることで、お子さんが自分からやりたくなるような宿題にしています。つまり、質の高い教育とは”維持すること”と”習慣”だと思います。

お箸の持ち方に関しては食事と関連することなので、食事を練習の時間にしてしまうと食事自体が嫌な時間、怒られる時間というイメージがついてしまいます。そうするとなかなか上達しなくなってしまう子もいるので、食事の時間と練習の時間は別で設けてもらうようにしています。練習の時間は別にとり、1日3回の食事の時間はあくまでも実践のチャンスという形にしています。練習の時間と食事の時間を分けることで生徒さんたちはほぼ成功しています!

あなたにとっての”楽しいシゴト”とは何ですか?

私自身が楽しむことですね!
教える相手がお子さんなので、自分の気分が悪かったり楽しんでいないと相手に伝わってしまいます。

それから、コーチングで学んだことを活かし、お母さん一人一人に家庭での状況をお聞きしたり質問をたくさんすることで、「こういう声のかけ方をすると良いのかな」「こうしたら伸びるんじゃないかな」ということを一人一人に合った方法ややり方を見つけていくことは私自身楽しみとなっています。
あるお子さんはただお箸の宿題を出しただけでは全然興味を持ってくれなかったのですが「普段何して遊んでいるの?」というところから始まり「レゴブロックが好き」ということが分かり、レゴブロックを使ったお箸の宿題を出したところ興味を持って練習してくれるようになったということもありました。

今後の目標と夢を教えてください

私の教室をきっかけに親子のコミュニケーションにつながり、にこやかに食事を楽しんでもらう親子が増えていくことが私の夢です。
食事の時間は”家族”にとってコミュニケーションをとる大切な時間であり、そこでしか時間をとれない家族もいると思います。「ご飯の時間が楽しみだね」って言えるような機会をつくっていきたいと思います。

彈正原由紀様 プロフィール

・キッズマナー講師

■ お子さんのお箸の持ち方 気になっていませんか? 『正しい鉛筆・お箸の持ち方』 グループレッスン
https://www.reservestock.jp/page/event_series/49982


文責:シゴタネPressインタビュアー 清水七織子


「いいね」を押して最新情報を受け取る