Webライター 小野寿哉 様|アウトプットを通して輝いていく人の橋渡しでありたい


事業内容を教えてください

IT、出版、広告の文字メディアで、文字を書いたり、情報を発信する事業をメインで行っています。そこから派生して、自分自身の経験を通して書評ブログ、恋愛ブログを書いたり、身につけてきた力をいろんなところでシェアする活動もしています。

恋愛コラムのサイトでブロガーとしての活動や、雑誌の編集、お悩み相談なども行っています。女優さん、俳優さんなど、誰かの紹介記事を書く時は、その人の作り出したいプランディングのビジョンに合わせて、魅力が伝わるように言葉を強くして文章を書いたりしています。

 

事業を始めたきっかけを教えてください

もともと人に何かを伝えたり、コミュニケーションを取ることが得意ではなかったのですが、就職活動で落ちまくり、とても悔しい経験をしました。自分が何か話したことが認められなくて一回も採用されず、人に認めてもらえないということがすごく悔しくて、人間関係にすごく悩んでいました。

唯一受かったSEの仕事で一生懸命やっていたら忙しくなり、仕事とプライベートのバランスがわからなくなりました。当時付き合っていた彼女に、「仕事と私どっちが大事なの?」と言われ、何が正解かもわからずに、仕事とプライベート、人間関係、コミュニケーションの全てにおいてすごく自信がなく、のびのび全力でどうしたらできるんだろう?と悩んでいました。

そんな状況や自分を変えたい、新しい自分を見てみたいという思いから、こういう事業をまずは初めてみようと思いました。

もともと、文字を中心として何かを発信できる人になれたらなという憧れがあり、起業家のスピーチや、人の心を動かすかっこいい本などに勇気づけられることがあって、そういうことを発信をして人に何かを伝えれる人になりたいと漠然と思っていました。

 

今まで大変だったことや失敗したことはありますか?

なにか事業をスタートするにあたって何が大事かを学んでいったら、大事なのは集客力で、講座をするにあたっても、”この人に時間を預けたい”、”この人から何かを得たい”と思われる、人が集まってくるような自分になる必要があると思いました。

人とのコミュニケーションにおいて、相手の方が何を思っているのかなどを繊細に考えるということを全然やってこなかったので、うまく通じ合えなかったり、自分の正義を押し通してしまったりすることがありました。

”暗い”、”顔が怖い”、”わかりにくい”などと言われてきて、自分ではわからなかったことなので衝撃的だったのですが、人からの反応を真摯に受け止められるようになり、起きたことには自分にも原因があるかもしれないな、と自分事に思えるようになったのはすごく大きいです。自分の課題にしっかり向き合うのには苦労しました。

 

それをどのように乗り越えましたか?

相手を理解しようという気持ちが深くなっていきました。最初に悩み相談をしていたころに、なんでその人がそう思っているんだろうと言葉で考えたり書くようになってから、言葉が深くなった感覚があり、それから恋愛ブログのファンがすごく増えました。

男性と女性の感性の違いなどを理解しようとすると、ちょっとずつ深いワードが出てきて、だんだん楽しくなって、相手が理解できるようになっていきました。

恋愛と通して人間関係の本質を自分自身も学びたかった部分があり、恋愛ブログは、自分目線ではなくて、”こうしたら相手に喜ばれる”のように、相手に寄り添うように記事を書いています。

 

あなたにとって”質の高い教育”とは何ですか?

相手の良いところを見ることによって、自己重要感や自己肯定感などをお互いに引き出し合いながら、尊重し合い、高め合えるような教育が良いなと思います。

コミュニケーション能力を磨いていって、形に見えないものを大事にできるような環境が良いなと思うようになりました。

こうであってはいけないとか、私が正解だとか偉いとかではなく、お互いの良いところを尊重し合っていく方がより生産的だと思います。

そうすれば、みんなが”自分もここにいていいんだ”というように自己肯定感を感じられたり、自分が変わるきっかけになったり、自分が働くことに対しての重要感や生きがいを感じられるのかなとすごく思います。

自分の生き方、コアバリューに起因するような学びがあれば、みんな楽しく自発的に物事を進めていけるのではないかと思います。

 

シゴトを楽しむために、意識していることを教えてください。

一番自分に突き刺さった言葉があって、働くとは?と考えた時に、「働く」の言葉の語源が、”傍(はた)を楽にする”、”周りの方を楽にする”、と知った時、かっこいい!と衝撃が走りました!!!

自分が役に立ってるんだって思えるように意識するのが大事だと思います。自分自身がこれを通して周りに喜ばれたり、役に立ってるんだって実感が持てるような行動ができたらいいなといつも考えるようにしています。

目の前の人の為に自分が何ができるかなと考えることが多いですね。自分の行動が周りにとって何につながっているのかを考えて、喜んでもらえたら、すごく楽しくなってくるなと思います。

 

今後の目標や夢を教えてください

自分で自分自身を輝かせていけたり、幸せにできるような人たちが増えたらいいなとすごく思います。そして、そんな自己実現を通して、周りに貢献できる人が増えたらいいなと思います。

そのためにもアウトプットが、この時代にとても大事なのではないかと思います。

自分が自信を持って、自分のできることを表現できるようになり、それを通して周りの方が共感してくれたり喜んでもらえる機会を作れたらすごくいいなと思います。

アウトプットを通して人にいい影響を与えるということが、実は自分を輝かせることであり、最大の喜びになっていくと、最近すごく感じることが多いです。

人にいい影響を与えることで自分も輝いていけると思います。そういうアウトプットができる方が増えたらなと思うので、そういう人の気づきのきっかけの橋渡しの存在でありたいとすごく思います。

 

小野寿哉 様プロフィール

■ ブログ:https://specific-howto.hatenablog.com/

■ Instagram:https://www.instagram.com/ono.topichan/

■ Facebook:https://www.facebook.com/ono.toshiya

 

文責:シゴタネPressインタビュアー 鈴木聡子


「いいね」を押して最新情報を受け取る