ALARMサロン主宰 月野緒美様|本当の自分に目覚める”女神”を増やしたい


事業内容を教えてください

自分以外の誰かを優先させてしまう優しすぎる女性や、我慢ばかりで本当の望みがわからなかったりするような自分を犠牲にしてしまう女性を、身も心もご機嫌にしてその結果その女性の周りの人達も幸せの渦に巻き込んで幸せにしていく、という理念のもとで、エステ、カウンセリング、講座を提供しています。

事業を始めたきっかけを教えてください

私は幼い頃、身近な大人たちに、”飯がまずくなるほどの不細工、部屋から出て行け”と言われるような環境で育ってきたので、私って本当にごはんをまずくするぐらいのやばい人間なんだ、というセルフイメージがガツンと入っていました。私は化け物みたいな存在なんだと思いながらずっと過ごしてきたのですが、”化け物この世で生きていくためにはちょっとでも綺麗になって、まともな人間にならなければならない”という、切羽詰まった思いから美容の世界に入りました。

エステサロンでの勤務を15年経験し、1万人以上の方々を見てきました。女優さんやタレントさんが来るようなお店にいたこともあり、その中で一つの疑問が湧きました。それは同じことをやっているのに”すぐに結果が出る人”と”なかなか出ない人”の差が生まれるのはなぜだろうということです。そこには、心の状態が大きく関わっているいうことに気づきました。

それまではずっとこの仕事が”天職”だと思っていましたが、エステだけではダメだと限界を感じたので、美容の世界を離れて心理の道に進みました。その頃の私は、散々お金も時間もかけて知識もたくさん得てきたはずなのに自分が”化け物”だというセルフイメージが全然変わっておらず、「自分のことが大嫌い」ということにやっと気づきました。そこからは、こんな化け物のような私でも”これからは私自身をまるごと愛そう”と決意を固めました。

それからは、いろんなことが良い方向へ一変していきました。その経験から、エステだけではなく心理の部分からのアプローチが必要と感じ、オリジナルセラピーを構築し、女性の方に提供するということをはじめました

今まで大変だったことや失敗したこと、そこから学んだことを教えてください

私は子どもが3人いて、仕事に比重がかかると家庭が疎かになり、家庭の事ばかりだと今度は仕事が疎かになって、そのバランスを取ることが一番大変でした。それは私が一人で全てを抱え込もうとしているからだったので、それからは夫に「助けてほしい、手伝ってほしい」など、思っていることを全部伝えて、コミュニケーションを毎日とるようにしました。パートナーシップの大切さに改めて気づかされましたし、夫婦の関係性というのを子ども達に見せていくという意味でも、よかったと思っています。

失敗したことはたくさんあるのですが、その中で一つ挙げると、仕事の時間がきっちり終わるわけではなかったり、お客様との話が長引いたりして、子どもが帰ってくる時間に帰れなかったことが、たぶん100回ぐらいはありました(笑)雨の降る中、子どもが家の前で私の帰りをずっと待っているのを見かねた近所の方がご自宅で預かってくださったりして、そのこと私は知らずに「子供がいない!どうしよう!」と焦ったことも本当にたくさんありました。
そこから
近所の方に「今後も同じようなことがあって子どもが困ってるような時は助けてください」とお願いしたら快く「いいよいいよ!いつでも言ってよ」と言ってくださり、ご近所さんとのコミュニティーも深まっていきました。全体で子ども達を見守って助けてくれて理解してもらえているので、本当にありがたいと思っています。

あなたにとっての”質の高い教育”とは何でしょうか?

知識や情報の提供だけではなくて、お客様の内側にある”もっと幸せになるためのスイッチ”を押すことをいつも意識しています。
空気感や普段の会話の中で使われている言葉で、無意識にその方の持っている観念や解釈など、こういうフィルターのメガネをかけて世界を見ているということがわかるのですが、例えば、”私は愛されない”、”私は美しくない”というフィルターをかけて世界を見ていたら、やっぱりそういうものしか目に留まらなくなっていくんです。なので、その人自身をどうにかするというよりは、そのメガネに気付いていただくようにしています。

目の前の
人が、より幸せになれる!と思った時にはメガネをくるっと反転させます。今のメガネをかけている時と、反転したメガネをかけている時ではどんなふうに感覚が変わるのかを体感してもらい、これからはどちらのメガネをかけていきたいのかを本人に選択をしてもらうようにしています

シゴトを楽しむために意識していることがあれば教えてください

前提として”仕事は楽しいもの”だと思っていて、お客様を前にしている時はだいたい爆笑しています!
どうしてその状態をつくれるかというと、自分のメンテナンスを徹底しているからかなと思います。疲れていたりどうしようもなく不安なことがある時は、なかなか楽しむ余裕が持てないので、肉体的にもメンタル的にも、私は自分が常に心地良い状態を保つためにあらゆることをやります。

具体的には、自然と触れ合ったり瞑想をする時間を持つことや、お花を飾ったりお掃除をします。できない時もあるのですが、そういう時は”今私は余裕がない”というバロメーターになったりします。大事な人との丁寧なコミュニケーションの時間ががなくなってしまうと、何のために仕事をしているのか?という状態に陥りやすくなるので、そこは心がけています。


今後の目標や夢を教えてください

“ALARM”という、肉体面からもメンタル面からもアプローチをして“自分に目覚める”セラピーをつくったのですが、これをたくさんの女性に伝えていきたい!と思っています。私はこのALARMを通して何をしているかというと、”女神”をつくっているんです!世間の価値観や、”女はこうあるべき”というものから解放されて、女性が本質的な美しさを体現し生きる状態を、私は〝女神“と呼んでいます。

私の夢は、その女神を製造する工房をつくり、その工房のオーナーになることです。来られたお客様が工房から帰られる時には女神になっていく姿を、私はソファに座って「素敵〜!いいですね!」と称賛するポジションです。工房には職人達がいっぱいいて、職人たちもただただ称賛して喜んでいる、というのが私の夢です!!!

ひとりひとりの女性がその人らしさを発揮し輝くことは、優しい社会にも繋がるでしょうし、社会貢献といっても過言ではないと思っています。

”実践者になりたい方”にメッセージをお願いします!

最終的には自己実現することが大切だと思っています。自分自身を表現する時に必要なことは、自分に目覚めることだと思います。
セラピー名の”ALARM”もそこから来ていて、偽の仮面をかぶったままで自分を見せるのはどこか苦しくなっていったり、嘘になって伝わりにくくなると私自身の経験から思うので、本当の自分に目覚めるタイミングにALARMに出逢ってもらえたらいいなと思います!

私のカウンセリングは、今あなたが何に悩んでいて、何に苦しんでいて、本当はどうなりたくて、どういう望みを持っているのか、という胸の内を話してもらうカウンセリングです。身体をマッサージしてゆるんだ時に、自分の本当の深い本音が出てきやすい状態になるからこそ、これまで誰にも言えなかったことを「なぜか今日は言えた」というお客さんもたくさんいらっしゃいますし、”言えなかったことを話す“ことは〝手放す“ことであり大きなデトックスです。結果的に美容効果も高いんです。

いきなり人に会うのが怖いという方は、一生使えるセルフマッサージのやり方と、自分自身を愛する習慣を作るセルフマッサージセラピーという講座を、ストアカでzoomを使用してやっていますので、お気軽に遊びに来てもらえたら嬉しいなと思います。

月野緒美様  プロフィール

■ ALARMサロン主宰

HP:https://www.motom-beauty.com/
ストアカ:https://www.street-academy.com/myclass/91074?conversion_name=direct_message&tracking_code=d9d27442454091a00fa18452625e2c27

文責:シゴタネPressインタビュアー 清水 七織子


「いいね」を押して最新情報を受け取る