Midutes代表 ピラティス・ZUMBAインストラクター 石瀬みづほ様|また行きたいと思ってもらえる場所に


事業内容を教えてください

今は主にピラティスとZUMBAをオンラインで教えていて、ピラティス・ZUMBAインストラクターとして活動しています。

事業を始めたきっかけを教えてください

とあることがきっかけで3月に一度シンガポールから日本に戻ってきたのですが、舞台で共演したことがある友人が、「ピラティスの資格があるなら教えて欲しい!」と言ってくれたことがきっかけです。
最初はLINE電話で一対一でやっていました。 その友人が「わかりやすい」と言ってくれ、次の週には友人がまた別の方も連れてきてくれ、一緒に受けてくれるようになり、どんどん大きくなっていきました
 

事業をはじめてから失敗したことはありますか?またそれをどのようにして乗り越えましたか?

最初の頃は、これまでの経験を活かし、いかに自分が素晴らしいかを見せることを意識してレッスンをしてしまっていました。一回来てくれたお客様が次は来てくれないということがあり、なぜだろうと考えました。その中で、私が伝えたいことと、お客様から求められていることが違ったんだなと気づくことができました。 また、定員が埋まっているかどうかで一喜一憂していた時期もありました。ですが、大切なことはそうではなくて、私のクラスを受けてくれている人たち、いつも私のクラスを楽しみにしてくれている人たちを大切にしたいと気づくことができたので、今はまず、私のところに来てくれている人たちをとても大事にしています。 

そこに気づくことができたのも、私は自分の思っていることを自分の中で抑えずに、全部吐き出すようにしていて、母や友人に話したり、相談したりすることで、自分の思考に気づき、乗り越えることができています。母も友人も、今私が大切にすべきことを気づくような言葉を投げかけてくれて、最初の頃にお客様が申し込んでくれてすごく嬉しかった気持ちを忘れてしまっていたことにも気づくことができました。

教えることや伝えることの中で大切にされていることはありますか?

求められていることに応えることを大切にしています。最初にお客様になってくださった方々が求めていたのは、「ピラティスをやって体を美しくしたい!」とかではなく、 どちらかというとズンバ寄りの、楽しくその時間を過ごして、画面越しに友達とも接することを求めていらっしゃいました。例えば、その方々は舞台をされていた方だったので、ピラティスというよりはズンバで踊って、昔のことを思い出したり、そこでコミュニーケーションが取れて、楽しまれている様子でした。だからこそ、自分の専門的な知識を提供するのではなく、その場を提供すること。お客様にとってもそれが求めているものと気づけました。

来てくれているお客様が、1クラス20人いれば、それぞれの方へアドバイスの仕方を変えるようにしています。ピラティスをやってきていて極めたい人には、細かく筋肉の名前を言ったり、「もっとこうした方がよくなりますよ」と伝えます。 健康維持のために受けていらっしゃる年配の方には「背中を伸ばしましょうか」とお伝えし、専門的な細かいところまでは伝えません。1時間を楽しく、満足してもらって、尚且つ「また行きたい!」と思ってもらえることが大事だと思っています。なぜなら、継続に繋がるからです。継続しないと意味がありません。継続することが大事なので、そのためには、その時間が「楽しかったな」と思ってもらわないといけないと考えています

“楽しいシゴト”をするために意識していることはありますか?

今は、ただただ人に必要をされていることがすごく楽しいです。シンガポールに行ってすぐの2年間は私はいなくてもいい人でした。月の半分は夫は出張でいなくて、家事をやっても誰からも褒められるわけでもなく、社会と接していない状態でした。私がいなくなったところで誰も困らないのではないかと感じていました。
それが今は、私のクラスを待っていてくれて、その時間を空けてくれている人がいて、クラスがはじまったら人と接していられる、それがすごく嬉しいです。だからこそ、まずは自分が楽しい状態でいる必要があると考えています。自分が楽しい状態でいるためには、溜め込まないこと、今日うまくいかなかったことなどを全部周りの人に聞いてもらいます。そうやって誰かに聞いてもらえると、すごく楽になります。

今後の目標と夢を教えてください

夫のシンガポール赴任が終わって日本に戻ってきたら、スタジオを立てます。シンガポールに行って孤独だった時に、習い事に行ったのですが、その先生が私と同じくらいの年でダンサーをしていて、とても私のことを気にかけてくれて、お友達になってくれたんです。初めての友達だったし、すごく救われました。その先生が私のことを友人に紹介してくれたり、いろんなところに連れて行ってくれたりしました。それと同じことを日本に戻って来たら今度は私がしたいなと思っています。そのために今は英語を勉強しています。 日本に住んでいる海外の方が私のクラスを受けに来て、私とインストラクターとクライアントという枠を超えてそういう関係になれたらと思います。だからこそ、そのためにはそれまでちゃんと続けたいですし、人と人を繋げられるようなスタジオをつくりたいです。自分が弱い立場になってみて気づけたことは、多かったです。  

最後にメッセージをお願いします

何かやりたいと思ったら考えないでやるようにしています。ズンバの時もそうですし、気になることはやってみて、ダメだったら引けばいい。それでやってみてもうちょっと深めたいと思ったら進めればいいし、どうにでもなると思います。

石瀬みづほ様 プロフィール

・Midutes代表
・ピラティス・ZUMBAインストラクター

■ ホームページ:https://midutes.com

■ Instagram:https://www.instagram.com/midutes/

■ ストアカ

【オンライン】☆ZUMBA☆で脂肪とストレスを吹き飛ばそう‼︎https://www.street-academy.com/myclass/89693?conversion_name=line&tracking_code=47217aa041dc0e1534355ce5d628a243

【オンライン】ピラティスでしなやかな美しい身体を♡https://www.street-academy.com/myclass/89786?conversion_name=line&tracking_code=30e74723e98ddfcd5fef50e62c021f9e


文責:シゴタネPressインタビュアー 清水七織子


「いいね」を押して最新情報を受け取る