フジサキトレーニング代表 藤崎光志様|雇われずに生きられるトレーナーを増やしたい


事業内容を教えてください

メインは、トレーニング指導をしています。 それから、パーソナルトレーニングを出張で行っていて、子どもから大人までのチームスポーツの指導と、3校の学校の部活動の指導も行っています。また、トレーナー教育業もはじめました。今は、この3つの柱で仕事をしています。

事業を始めたきっかけを教えてください

もともと柔道整復師の資格を持っていたこと、そして、24歳の時にボクシングをはじめて、体を鍛えることに興味があり、それをキッカケにトレーニングを学ぶようになりました。そこから、自分がやるだけでなく、人に教えたくなりました。当時していた仕事よりも、トレーナーやアスリートの人たちを見ているとエネルギーが高いので、やる気が出てきたことも大きかったですね。教えてくれる先生やメンターがカッコよくて、自分もそうなりたい!と思いました。

自分で事業をはじめようと思った理由は、闇雲にやるよりも理論を持ってやるとそれなりの結果が出るということを体感して、その体感を直接伝えたいと思いスタートしました。あとは、人の下で働きたくなかったこと、ついていきたいという人に出逢えなかったというのが大きくて、それなら自分ではじめようと思いました。

事業をやっていて失敗したことはありますか?

単純に、トレーニングの指導とか治療のスキルをいくら伸ばしても、自分がやってみて良かったからやってほしいと思っても、それが決してその人の価値になるとは限らなくて自分の好きなことや好きなものを突き詰めても仕事にならないと気づきました。それが失敗ですね。これ、クオリティ高いからいいでしょ?」は、単なる押し売りになってしまうので。ビジネスの全体像が見えていなかったり、お金というものを知らなくて、収益を上げることができなかったことが大変でした。実際に、一番最初は整体をやっていたのですが、すぐに廃業してしまいましたね。ビジネスとかお金というものを知らなすぎて、技術だけでやれると思ったことが失敗した点ですね。

失敗をどのように乗り越えましたか?

今まではスキルの勉強ばかりしていましたが、そこから、ビジネスを学ぶために勉強会に行ったり、マーケティングやブランディングを学ぶことに触れました。また、経営者や実際にトレーナーを雇っている側の人たちと触れ合って、感覚を養って、勉強をして、少しずつ収益を上げていくことができました。スキルと同時にビジネス力も同時に上げていく必要があると気づけました。ただ、そもそも飛び込んでみないと分からなかったことだったので、まずは実際に飛び込んでみてよかったと思っています。

あなたにとっての”質の高い教育”とは何でしょうか?

「魚をあげるのではなく、魚の釣り方を教えてあげる」ということを、トレーナー教育においても、チームスポーツでも、パーソナルトレーニングでも、常に意識しています。その人の概念、その物事に対する概念を一緒に作ってあげる感覚です。例えば、ダイエットにしても、”〇〇ダイエット”で糖質制限するとかはあくまで方法論で、「なぜ糖質制限がいいのか?」ということを理解してもらうことを大切にしています。その根本的な部分を知れば、単に食事制限をするだけでなく、運動や睡眠の質で、糖質をそんなに制限する必要もなくなったり…とか。だからこそ、概念を教えることが質の高い教育じゃないかなと思っています。

あなたにとっての”楽しいシゴト”とは何ですか?

“ワクワクするけれど怖いことにチャレンジする!”というのが、私にとっての楽しいシゴトです。 コンフォートゾーンを外すことが楽しい仕事かなと思います。例えば、現状維持、安泰、同じ場所というのは楽なんだけれど、楽しくはないと思っています。そのチャレンジが、自分が好きなことで提供して、お客さんもそれに反応してくれることが楽しいです。抽象的になってしまうのですが、ワクワクというのはとても大切だと思っています。大きい仕事とかをいただいた時は嬉しいけど同時に怖いわけです。だけど、「これをやったらメンターに近づくのでは?」と思うとチャレンジしたくなります。 

ただ、逆はやってはいけないと思っています。逆と言うのはワクワクの逆で、自分にとって違和感のある人とは付き合いませんし、違和感のあることはやりません。怖い”と”違和感”は違っていて、「なんか違和感あるけれど得するんじゃない?」と 理性で考えてお付き合いした人とは絶対に上手くいきません。その人たちやその物事が悪いとか良いとかではなく、単純に自分とは合わないだけということですが、それはお客様に対しても一緒です。特に起業したばかりだと目の前の利益を見がちですが、違和感があるお客様とお付き合いすると後々うまくいかなくなってしまうので、そこは徹底しています。

今後の目標と夢を教えてください

今はまず、ビジネスを拡大していくことですね!トレーニング事業・トレーナー教育業を伸ばしたいです。
それを通して、まずは稼ぎ、一緒に働く人、家族をつくり、十分な幸せと思える環境をつくることが夢です。何よりも、お客様が気持ちよくお金を払えるような環境をつくりたいですね!

“実践者になりたい方”にメッセージをお願いします!

雇われない生き方ができるトレーナーを増やしていきたいと思っています。ただ “トレーナー育成” だけだと、それは専門学校に行けば習得できると思いますが、僕のコンセプトは、「自由に雇われずに、アスリートが学べる、トレーニング起業塾」というかたちでやっているので、そこで学び、実践できる人を増やしたいですね!

トレーニングのスキルと同時にビジネスやITについても養える場所です。それぞれのステージによって悩みが違うので、「1時間でこれをやります!」という形式ではなく、その方の根本的な悩みを聞いて、プッシュしてあげてを繰り返しできるような根本解決の場にしています。

物事の順序って、”知る→わかる→できる→人に伝えられる” だと思うのですが、多くのアスリートは「知る→できる」で、自分ではできるのですが、「わかる」を飛ばしてしまっているので、人に「伝えること」ができない人が多いように感じています。だからこそ、その概念から伝えて「わかる」部分を強化して、自分と同じように雇われずに生きられるトレーナーを増やしたいですね!

藤崎光志 様  プロフィール

・フリーランスパーソナルトレーナー
・部活動フィジカルトレーナー
・プロボクサー

■ オフィシャルブログ:https://f-tore.com/
■ YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC8MWmJv85wqLLyHulGZZbYg
■ トレーナー教育業ホームページ:https://urban-work18.wixsite.com/fujisaki-traning


文責:シゴタネPressインタビュアー 清水七織子


「いいね」を押して最新情報を受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です