Web集客アドバイザー 上田和貴様|仕事は、夢や目標を叶えるための一つのツール


事業内容を教えてください

現在口コミで、中小企業から個人の方のWebまわりのアドバイス、コンサルティングのお仕事をいただいています。また、WEBに関するセミナー講師も行っています。

事業を始めたきっかけを教えてください

はじめは「ちょっとWeb周りの相談にのってくれない?」「サイト制作者が突然連絡つかなくなってしまって助けて」などと、知り合いから単発で相談をいただいたことがキッカケでした。

ですが、本来Webサイト自体は全体から見れば”歯車の一個”でしかないため、話を伺っていると、Webサイト以外の部分の設計が不十分な場合が多く、そんな状態でサイトだけ整えても成果には繋がらないことが多く、結局はサイト以外の部分までアドバイスをせざるを得ないことが多いんです。

事業全体を把握していく必要があること、また、その方のモチベーションのスイッチがどこにあるのか、どうなりたいのか、ビジョン、お客様から愛されてきた真髄は何なのか、などを聞いた上でないと、僕自身が納得できる適切な解決策は見えてこないため、結局はWebを中心としつつも必要に応じて事業全体のアドバイス・コンサルティングという形になることが多いです。

そうやって成果が出ると、有難いことに口コミで私のことを紹介してくださり、また新たにご相談をいただいたりしています。なので、「この仕事を始めよう!」と思って始めたわけではなく、自然とそうなった感じですね。

事業をやっている中で大切にしていることを教えてください

自分がしっくりこないことは極力やらないことにしています。例えばお仕事の依頼をいただいても、お話を伺う中で「今は他のことに注力してもらった方が良さそうだな」「これ自分がやる意味ないな」と思ったらそれをそのままお伝えしてお断りします。

自分の中で、パズルのピースがピタッとはまった時のようにしっくり来た時だけお受けしています。そうでないと私自身が力が出ないし、お互い時間が勿体ないからです。

それから、人それぞれ「こういう時はテンションマックス!」みたいなスイッチってあると思います。「めっちゃ好きな子に会いに行く!」みたいにテンションが上がるやつです。

事業も人生の一部なので、できれば事業が伸びていくにつれて、そういう「テンションマックス!」の瞬間に触れる割合が増えるように、事業を設計した方が良いと僕は思っています。そうすると事業が伸びると同時にどんどん本人の心も満たされていく状態になるからです。そこに1つ、1回限りの人生の中で、その人がその仕事をやる意味があると思うので、その面も含めて僕自身がしっくり来る納得できることをやりたいですね。



あなたにとっての”質の高い教育”とは何でしょうか?

なんなんでしょうか?(笑)教育についてはよく分かりませんが、僕は”期待” ではなく”信頼”される方が圧倒的に力を発揮できるので、僕は子どもや誰かと接するときは全く期待しないのが好きです。「期待しない」というのは無関心や放置ではなく、コントロールしようとせずに、伸び伸びと自由にできるように空気を作っておいて見守る感じです。「自分のどんな面でも出していいんだ」と思えるような空気を作っておくということです。

”畳の上の水練”ということわざが好きです。畳の上でどれだけ水泳の練習をしても、いざ水に入ってみたら全く役に立たないということです。水に入ったことがない人が、どれだけ畳の上で完璧なフォームを身につけてたとしても、いざ水に入ったら溺れますよね。なので、まずは水に入ってみて見よう見まねで泳いでみて、うまくいかない、その上でのアドバイスだったら身体で吸収していけるじゃないですか。

つまり「まずは自由に伸び伸びやってみる」というのが最初にないと身体で吸収できないと思うんです。まずは伸び伸びとやらせてみて、周りも「こうしてほしい」とか期待せずに信頼して見守る。その上で必要なことを伝えるのがとても意味があることだと思います。

ちなみにこの考え方は今、集客にも非常に大事だと感じます。お客様に買ってほしいがために、煽ったりコントロールしようとしない。相手の意思を奪うようなことをせずに、相手が納得して自分の意思で選択できるような中立で思いやりのある在り方に人は集まると思います。当たり前なのですが(笑)でも意外にこれをきちんとやっている人は少ないです。

“楽しいシゴト”をするためにはどうしたらよいと思いますか?

「楽しさ」って人それぞれだと思うのと、その実現の仕方も無数にあると思うので、「こうすればいい」みたいなのはないと思います。が、もしも「楽しい仕事をしたいのに楽しくない仕事が続いている」としたら、自分の意識を変える必要がある場合が多いと思います。

例えば「仕事は大変だ」とか「苦労は美徳だ」とかみたいな思い込みがあると、ずっとそれを創り続けると思うので、まずそれに気付いて終わらせる必要があると思います。その上で、計画性、いつも流動的な工夫、正しい努力が必要だと思います。色んなやり方があると思いますが、僕はそうします。

今後の目標と夢を教えてください

僕は目標を立てるのが基本的に嫌いなので、あまり目標を立てません。よく「夢を具体的にすれば叶う」というような考えに出会いますが、僕はこれは半分間違えていると思います。

目標以前に「めっちゃ好きな子に会いに行く」みたいな ”強烈な欲求” が根底にないと、どれだけ目標を具体的にしたところで、「達成するまでに必要な量のエネルギー」が湧いてこないからです。

逆に ”強烈な欲求” が根底にあることを正しく目標にすれば、想像するだけで「実現するのに必要なエネルギー」以上のエネルギーが自分の中からいつでも湧いてくるので、あとは達成するのは工夫次第、時間の問題だと思います。
で、僕は10年以上前から決めている「絶対に実現すること」があって、ほぼ全てをずっとその実現のためにやっています。その「絶対に実現すること」は何かというと、ここでは秘密です。オープンに言ってしまうと本末転倒になる事だからです。この日を最高にするためずっと全部を逆算しています。必ず実現します。なので仕事もその手段という位置付けです。

上田和貴様 プロフィール

・Web集客アドバイザー
・ペライチセミナー講師

■ Facebook:https://www.facebook.com/kazuki.ueda.568


文責:シゴタネPressインタビュアー 清水七織子


「いいね」を押して最新情報を受け取る