スポーツクラブ・ダイエットカウンセラーの新しい入会促進戦略 【ご褒美パック】


週末に、旅行や欲しかったモノを買う予定があると、
それを楽しみにワクワクして、その週の仕事をがんばれますよね!

週末のことを考えるとニヤニヤして、朝から気分がよくなります。
やっぱり単純ですが、ご褒美って大切です!

そこで、続かない習い事の代名詞として「スポーツクラブ」が
よくあげられますが、こんな方法はいかがでしょう。

達成感&ご褒美って、最高です!
これなら続けられるはず!

▼『ご褒美パック』

弛んだお腹が気になりだし、妻はまだしも
子どもにまでお風呂上りになじられたため、

一念発起して、スポーツクラブに通うことにしました。

(もちろん費用は小遣いから…涙)

会社帰りに立ち寄れるスポーツクラブへ行き、
入会の手続きをします。

スタッフの方に丁寧に説明していただきましたが、
一瞬、いつもの悩みが頭をよぎります。

私「素晴しいサービスと施設なんですが…、

  どうも私は何事も続かなくて…」

そう言うと、スタッフの方が笑顔で、

ス「今、何か欲しいものはございますか?」

私「えっ、う~ん、特にないですが…」

ス「では、今回の目的が体型をスリムにすることですので、

  今のサイズより2ランクダウンした洋服を着る、

  という目標を立ててみませんか?」

というと、スタッフは早速ノートパソコンを開きました。

ス「実は、当スポーツクラブとこのショッピングモールは

  提携しておりまして、当クラブ会員様はとても安く

  お買い物ができるのです」

といいながら洋服のショッピングサイトを開き、

ス「コジマさんでしたら、こんな服がお似合いですよ」

私「ほ、細いですね~。着たらかっこいいかもしれませんが、

  ちょっと無理なんじゃ…」

ス「そこを頑張るのですよ。そのために今日入会されるのですから!」

スタッフはその洋服の写真をプリンターで出力し、
はさみで丁寧に切り抜き、会員カードに入れてくれました。

ス「これでバッチリですね! めげそうになったら、

  会員証を眺めてくださいね」

洋服だけじゃなく、ショッピングモールに入店しているショップの

商品であれば、どれでも安く買うことができます。

そのため、途中で変更することもできます。

その際は、会員証の写真も変えることができます。

 

なんだかんだ言って「物欲」はパワーがあります。

いくら素晴しい施設やエクササイズでも
続けるモチベーションにはなりませんから。。。

提供する側も「そこにしかできないこと」は商売にとても重要なことです。


「いいね」を押して最新情報を受け取る