管理栄養士 藤田彩実様 |夢をカタチに


今回は起業家の卵、フリーランス管理栄養士の藤田彩実さんにインタビューさせていただきました!

事業内容を教えてください

フリーランスの管理栄養士として健康に関するコラムの執筆やレシピ開発をメインに活動をしています。
あとは、依頼を受けてレシピの監修やアドバイスなども行なったり、ミスコンテストの食事サーポート、アプリのライブ配信をしていて、管理栄養士ライバーとして栄養クイズ、料理配信などを行なっています。
今進めている事として、地域の名産品を使用したオリジナル商品の企画販売を進めています。

ーオリジナル商品とはどんなものですか?

私の地元が、大阪の箕面市というところで実生のゆずが名産です。そのゆずを使ったドレッシングを作る予定です。
地域活性化につながる活動ができたらと思っています。

事業を始めるきっかけを教えてください

食べることや料理が好きで、将来は食に携わる仕事がしたいと思っていました。
その時に両親が「管理栄養士という仕事があるよ」と教えてくれました。私は、管理栄養士という仕事を知らなかったし、当時はそんなにメジャーな職業ではなかったと思います。

それから、両親に勧められたことや、今すごく生活習慣病が問題になっているのでこれから需要がある仕事なんだと知って管理栄養士になろうと決めました。

それから、ずっと給食会社で勤めていて30歳になった時に

「このままでいいのかな?」とふと思いました。

管理栄養士としてのキャリアをこのまま終わっていいのかなと思ったときに、もっと色々なことができるんじゃないかなと思っていました。また、毎日の仕事も同じことの繰り返しで何か刺激が欲しかったということもあって、またいちからやろうと決めて始めました。

ー独立して働こうと決めてからまず始めにしたことはなんですか?

会社を去年の年末に勢いで辞めてしまって、まずは名刺を作って宣材写真を撮りに行きました。カタチから入るタイプで・・・笑

それから、フリーランスとしての活動をインスタで調べて、フリーランスの管理栄養士が集まり、様々な依頼を受ける会社に登録をして外注業務をしながら活動をしています。

大変だったこと、失敗したことはありますか?

仕事を受けていく上で、人脈ってすごく大事だと思うんです。けど、初めは人脈なんてないですよね。なので、人脈を広げようと思ってSNSや人の紹介で色々な人とお会いしたのですが、女性で独身ということがあってか、なかなか仕事の話をさせてもらえなかったことがありました。仕事の話をするのではなく、雑談やプライベートの話などをする人が多く、それがとても辛かったです。

ー失敗したこと

やっぱりちゃんと先を考えてから仕事を辞めれば良かったなと思いました。人脈を広めておいたり、どんな事業をするかなど明確では無かったので、そこを明確にしなければいけなかったなと思います。

あとは訪問調理の事業を始めようと思って活動を始めたのですが、個人の方に向けて食事指導や調理のアドバイス、材料費込みで5000円でスタートしたんです。

その時に、訪問した先で「食のプロなんだから、500円でしないとダメでしょう」と言われて、すごくショックを受けました。その時に、「管理栄養士の価値ってなんだろう」と思い、かなり悩みました。

今後の夢や目標を教えてください

住んでいる地域を活性化できるようなオリジナル商品を作りたいということと、子供の食育に携われるような活動をしていけたらいいなと思っています。

あと、現在私が作ったレシピをメディアで掲載していただいているのですが、例えば家庭の栄養士さんといえばお母さんですよね。

体の基本は子供の頃に作られます。その時に食べた物や生活習慣が今後の成長に大きく関わってくるので、お母さんの食事は子供にとってとても大切です。そのお母さんに向けた役に立つ栄養の情報が載ったレシピ本を出版できたらなと思います。

プロフィール

藤田彩実
◆管理栄養士
Instagram:https://www.instagram.com/fujita__ayami/?hl=ja
よみファクッキング:http://yomifa.com/cooking


【人数限定】シゴタネプロデュース企画

シゴタネプロデュースとは?

すでに自分の商品・サービスを持つ
起業家・経営者・個人事業主の方の知られる機会を作り
集客に困ることなくあなたのファンと売上を増やすことができる
完全報酬型のビジネスプロデュースです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です