美容料理家 松野エリカ様 |食べることで体が変わることを伝えたい


美容料理家 松野エリカさんにインタビューさせていただきました!

事業内容について

グルテンフリーに特化したお菓子教室の開催しているのと、
再来月から栄養学とヘルシーな調理学を組み合わせた、健康と美容に特化したお料理教室をスタートする予定になっています。

事業を始めたきっかけ

さかのぼるのですが、16歳の時から「食べないダイエット」を5年間続けていました。

ダイエットを始めてから、1ヶ月で12キロの減量に成功したんです。
当時の私は、自分にすごくコンプレックスを抱えていて、「痩せたら可愛くなれる」と思っていました。結果的に、5年間続けたことで体を壊してしまい、お医者さんから栄養失調と診断されて栄養剤のような薬を処方されるまでになってしまいました。それでも結局は倒れてしまい、「このままではまずい」と思って栄養学を学ぼうと思いました。

当時は栄養についての「知識」を得られる場所が無かったんです。正しい知識をどこで得たらいいのかわからかったし、ダイエットについてなんて学校では習わないじゃないですか笑
なので、教わる場所を増やしたら、同じお悩みを抱えている人を助けられるんじゃないかと20歳で倒れた時に漠然と考えていました。
そこで将来は教室などの教えてあげられる場所を作りたいと思ったのがはじめのきっかけでした。

ーお料理教室はすぐに始めましたか?

栄養の学校を卒業した後、飲食店に勤めました。
自分の中で「30歳で独立する」と決めていたので、10年弱は厨房にいようと決めて飲食店に勤めて、数店舗経験を積みました。

勤めた中の一つにマクロビティックのレストランがあって、そこは立ち上げたばかりのお店でパティシエがいなくて、従業員の数も少なく、入社して数日でスィーツを任されてしまったんです笑
フランスの焼き菓子などは好きでよく作っていたのですが、マクロビティックのスィーツは作った経験がなく、3年間独学で毎月マクロビティックのスィーツのメニューを作り続けました。
マクロビティック自体あまり知られていなかったし、レシピ本もなかったので本当に大変でしたけど、これがスィーツとの出会いでした。

スィーツを担当して、毎日試作や味見など試行錯誤をしていたら、3ヶ月たった頃に味覚が変わっていることに気がつきました。
自分の作ったスィーツを毎日食べているので、市販のスィーツを買わなくなっていたのですが、たまたま仕事帰りにコンビニのプリンを買って食べたらあまりの甘さに驚いたんです。優しい甘みのスィーツに慣れてしまっていたので、それからコンビニのスィーツが食べられなくなってしまったんです。

その経験から、自分の体の変化に驚いてよりスィーツの魅力に魅了されてよりスィーツの世界にのめり込むようになりました。
仕事はすごく大変でしたが、食べて罪悪感のないスィーツを作れることに喜びを感じていました。毎日のように試作して食べていたのに、太るどころか痩せましたし、太りにくくなりました。今まで太ることに散々悩んできたのに、スィーツでこんなにも体に変化があるのだと知ることができてそう言ったことも伝えていけたらと思っています。

起業するまでの活動について

厨房の現場を27歳でやめました。もともと、30歳で独立をすると決めていたのであと2・3年はあるなと思った時に、そのまま独立することも考えたのですが、まだ不安なことが多かったんです。

それは、本当に飲食店での経験しかなっかたので、世の中のことがあまりわからなかったんです。ターゲット層をOLさんにしていたので、一旦自分がOLを経験しないと、OLさんの気持ちがわからないなと思い、仕事をやめてすぐにベンチャー企業の事務員として仕事を始めました。

ですが、あまり自分には向いておらず、仕事が早く終わってしまうし、つまらなくて辛いなと思っていました。
事務員を始めて3ヶ月ほどたった時に、たまたま入った会社が海外事業を始めることになり、その国がドバイでした。会社のミーティングでドバイについて話を聞いているうちに、急にアイディアが出てきたんです。

ドバイは暑くて甘いものが大好きな国で、飲み物や食べ物がとにかくすごく甘いんです。日本では考えられないくらいふくよかな人がたくさんいて糖尿病大国と言われています。その話を聞いた時に、私が少し前までやっていたスィーツがヘルシーだし、「絶対そんなスィーツはドバイにはないから持って行ったら売れるんじゃないか」って思ったんです。

そこで、ダメもとで企画書を作って社長へ持って行ってプレゼンをしました。社長に私の熱意が伝わって、急遽事務員からドバイ行きが決まって、それから2年間ドバイとの往復が始まりました。
当時、会社でも食関係の事業をやろうとしていたので、全てのタイミングが良かったんだと思います。

ードバイではどのような活動をされていたのですか?

モールでのイベント販売や展示会で王室の方とのご縁があって、王室の方に呼んでいただいてスィーツをお届けさせていただいたり、普通ではあり得ないような経験を2年間させていただきました。その経験は今でも宝物になっています。本当に素晴らしい経験をさせていただいて、ある意味そこでスィーツの自信が得られました。自分のスィーツを世界の人に食べてもらって、こんな風に評価されるんだと思ったし、販売して売れたときは本当に嬉しかったです。

あとは、自分の感性がいかに鈍らないようにするかを常に考えていて、自分が教える立場であるので、世の中にどのような商品があってサービスがあるのかなどを自分の目で見に行きたくなるんです。食べ歩きをしたりどこか出かけたり、海外へスィーツを習いに行ったりなどもしています。

それから、仕事が良い波に乗れて、人脈もできて、ドバイで本格的に出店するかという話もいただいたので、とにかくドバイに住むという話になり現地の部屋などを見てから一時帰国をしました。
実は、10年以上前から子宮頸がんの疑いがあり、定期的に検査を受けていました。今回ドバイに住むことになり、久しぶりに病院に検査に行ったのですが、ガン予備軍だったものががん化していることがわかって、すぐ入院して手術を受けて欲しいというレベルにまで進行していました。

とても怖くて、お医者様には「あと3ヶ月遅かったら、望んだ人生はなかった」と言われて、頭が真っ白になりました。
治療と静養を入れて半年は仕事ができないと言われて、すぐに治療するべきだったのですが、人生の夢が叶うかもしれない状況だったので悩みに悩みました。けど、お医者さんから言われた言葉で海外行きを断念して治療に専念することにしました。

この時は本気で「料理をやめよう」と初めて思いました。ですが、静養をしてもう一度頑張ろうと決めた時に、海外に戻るという選択肢もあったのですが、今の体が長時間のフライトに耐えられないということや、定期的な検査を受けて欲しいとのお医者様からの話があって、体を一番に考えると、ちょうど30歳になり色々な経験もしたので、同じ経験をして欲しくないなと思って起業する決心をしました。ある意味病気が起業を後押しをしてくれたのですが、一番辛かったです。

大変だったことはありますか?

とにかく楽しかったのであまり大変だとは思いませんでした。

集客のやり方も、起業スクールやコンサルタントなど一切やっていないので、習ったことはないです。けど、病気で静養していた時に時間だけはあったので色々な教室のサイトやSNS、ブログを見てどうやったら集客できるかを研究していました。

なので、教室を始めたときに40~50人集まったので、集客には困りませんでした。それよりも、はじめに集まってしまったので、来てくださったお客様が継続していただくためにはどうすれば良いのかをすごく考えていました。

お料理教室を始めて1年はお客様のニーズを知るのに大変でした。メニューによってお客様の申し込み人数が変動したりするので、メニュー選びを外すことも多くあったので1年間はヒヤヒヤしていました。

失敗したことはありますか?

失敗を失敗と思っていなくて、それを糧にしてしまうタイプです。

しいて言うなら、ゼロからイチを作ることも大変ではあったのですが、それ以上に継続していくことがとにかく大変だと思います。ゼロからイチは楽しさがあったのですが、お客様にきていただく、ブログを毎日投稿するって大変じゃないですか。どんな状況でも継続するって本当に大変だなと思いますし、起業して一番大変なことはそこかなと思います。

私はこの仕事を死ぬまでやって行きたいと思っているので、今後の課題は永久継続なんだろうなと思います。

ー集客はどのようにしていましたか?

ブログとFBを使って365日1日も欠かさず投稿をしていました。

そのブログの書き方も、読まれるにはどうしたらいいかを考えて、流行っている方のブログを見たり、逆にアクセス数の少ない人のブログを見て比較して何が違うのかとかをやっていました。

ブログも自分がもし料理教室に通うなら、どういう記事が投稿されてたらこの人に会いたくなるかなどを考えながら、やっぱり先生の人柄だと思うので書く内容も考えていました。インスタグラムもお料理教室を始めて2ヶ月くらい経った頃から始めて1日1投稿は必ずやっていました。

当時を振り返ると大変だとは思いますが、当時はとにかく楽しかったです。

今後の目標と夢を教えてください

教室をおばあちゃんになっても先生をやっていたいので、美味しいって思ってもらえるレシピを永遠に作り続けられる努力をして行きたいと思っています。あとは、今はマンションの一室を使って教室をしていますが、小さくても良いので路面にスタジオを持つのが最大の夢です。また、テレビや動画などメディアに出演して今やっていることをたくさんの人に伝えられたらと思っています。

プロフィール

美容料理家 松野エリカ
◆【食べてキレイ】を叶えるビューティークッキングサロンERICHE南青山オーナー
◆市販のお菓子を卒業して永遠の美しさを手に入れるをコンセプトにしたグルテンフリースイーツレッスンを開催
◆元マクロビスイーツパティシエ。ドバイにてスイーツブランドプロデュース
アメブロ:http://ameblo.jp/erica-cook/entry-12374435546.html
Instagram:https://www.instagram.com/erica_beauty_cook/?hl=ja


【人数限定】シゴタネプロデュース企画

シゴタネプロデュースとは?

すでに自分の商品・サービスを持つ
起業家・経営者・個人事業主の方の知られる機会を作り
集客に困ることなくあなたのファンと売上を増やすことができる
完全報酬型のビジネスプロデュースです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です