パーソナルコーディネーター資格を使った「視野を広げるファッション講座」アイデア


ファッションに興味を持ち始める中学生に向けて、楽しく学べる講座のアイデアをご紹介します!
ファッションを楽しむ子どもが増えることで、将来の人材育成に貢献し、
アパレル市場を活性化させませんか?

自分の好きな服を着るのもいいのですが、
TPOもありますし、洋服もいろいろなジャンルがあります。
その知識を持った上でコーディネートを楽しめるようになると、
服を選ぶ際に迷わなくなり、自分をうまく表現できるようになると思います。

ファッションに興味を持ち始める中学生にこそ、
こんな講座を学校で開催してはいかがでしょうか。
服について学ぶ機会を提供することで、
日本ももっとオシャレな国になるかも!?

【視野を広げる「ファッション講座」】

アパレル企業が、中学校でファッションの基礎を学ぶ講座を開催します。

例えば、ファッションにはカジュアルとフォーマルがあって、
TPOに応じて着る服装は変わり、人に与える印象が違うことなどの講義をします。

講義と同時に参加している中学生にモデルになってもらい、
服装の違いを実際に見てもらいます。
普段の友達の印象がガラッと変わることを見せることによって、
講義が盛り上がること間違いなし!!!

◯「普段は大人しい印象の子が、こういう服装にすると
見た目が随分変わります」

中学生:「お〜っ、確かに!」

◯「いつもひょうきんで人気者の子が、
フォーマルな服装でバッチリ決めると・・・?」

中学生:「いいね!!!」

子ども達の驚く様子が目に浮かびます!

他にもこの講座では、
”ファッションには、色、素材、形もさまざまなものがあり、
それぞれの特質を考えて上手にコーディネートをすれば
よりファッションを楽しめます!”と話しつつ、
いろんな着こなし方も紹介します。

講義と実演のファッション講座を中学生にする目的は、
ファッションにも様々なジャンルがあり、自分を表現する方法が
いろいろあると教えることです。

自分の好きな服を着ればいいのですが、興味の赴くままではなく、
幅広い知識を持つことで選択肢を増やすことができます。
これから自分で洋服を買う際の参考にもなりますので、
中学生のうちに学んでおいて損はないですね。

ファッションに興味を持ち始めた時期にこそ、
聞く耳を持ち、いい影響を及ぼすと思います。

アパレル業界にとってもファッションの楽しさを伝えることで、
将来の人材育成に貢献することができます。
ファッションを楽しむ人が増えることで、
アパレル市場がもっと活性化するのではないでしょうか?


「いいね」を押して最新情報を受け取る