秋葉原で鉄道模型のお店を手掛ける、
F&MOKEI株式会社 船戸康志様にインタビューしてきました。
店舗は地域最大級の面積と品ぞろえを誇り、鉄道模型を走らせるためのジオラマを
広々1フロア構えています。このジオラマ導入のために改装をしたとのこと。
週末ともなると、鉄道ファンが自慢の模型を持って続々とお集まりになるようです!
そんなお店を営む船戸さんの物語とは。
ぜひご覧ください。
出発進行!

事業を始めたきっかけは何ですか?

前職を35の時退職しまして、そこが総合ホビーショップだったので
そこで鉄道模型のことを覚えました。そのあと半年ぐらい遊んでました。
その会社が名古屋にあったんです。
しかし、東京に戻ってきたいっていう思いがありました。
私は岐阜出身なんですけどね。

(名古屋の方が近いのではという気もしますけれども。)

そうそうなんですよね。ただちょっと合わなくて(笑)
もともと前職の時に、秋葉原でお店の立ち上げに関わらせてもらったことがありまして、
そこでの感触が良かったので東京に戻りたかったんです。
その時に何ができるかなと思って、自分でお店を立ち上げてみようと考え、今に至ります。

事業を立ち上げる際のお話を聞かせてください。

当然、お店を出すので資金が必要になります。
資金調達は、日本政策金融公庫さんと銀行の新規創業の融資をお願いしました。
2ヶ月ぐらいで事業計画書ができて持って行ったら、1ヶ月かからないくらいで
下りたのでありがたかったですね。

オープン当初の集客はどうされていましたか?

前職でやっていた時のお客様が結構来てくれました。
最初の2年3年は苦労しましたけど、割とお客様が早くついてくれたところがあるのでよかったと思いますね。

海外のお客様へのアプローチ方法は?

アプローチというか、どちらかというとインバウンドですね。
お店では、免税店ということでお客様を取り込んでいます。
あとは、海外に販売店に卸売している部分があって、そのあたりで海外の方には動いています。

お店の強みを教えてください。

フロアを切り離して、お客様がゆっくりできる空間を作っています。
物販と走行用のジオラマとで、電車を走らせる専門の空間を作ったんですよね。
ここは、秋葉原界隈だと多分一番大きいと思います。あくまでも予測ですけれども。
そこは差別化できてるのかと思いますね。

なぜレンタルレイアウトを始めましたか?

「走行させて楽しむこと」を実演したかったんですよね。
電車にはモーターが入っているので、実際走らせることができます。
やっぱりそうやって使っていただいて鉄道模型を楽しむっていうことを
再度確認していただきたいというのはありました。

ちょっと言い方失礼ですけど、鉄道模型やプラモデルのお客様ってマナーがいいんですよ。
楽しんで買ってくださるので、それをもっと楽しめる空間を創ってあげたいな
っていうのがあります。
僕もプラモデルを作るのが好きで、ガンプラを作ってるんです。
ジャンルは違えど通ずるものがあって、本当に楽しんでくださるんですよね。
あとは、もうちょっと明るい業界ですよって言うのを伝えたいというのも
あるかな(笑)

今後のビジョンをお聞かせください。

あんまりそこまで深く考えてないんですけど、あくまでも個人店なので、
私から発信できることと言ってもたかが知れている。
その中で異色を放っていければとは思っています。
ではその異色ってなんなの、というのは今後模索していく感じですかね。

お客様にメッセージをお願いします!

お店の使い方は自由です。
スタッフが知識豊富で、ただぶっきらぼうでほんと申し訳ないけどね、
ちょっとやさぐれてますけど(笑)
根はいい子だし、メーカーさんにも通用するような知識を持ったスタッフ達なので、
ぜひお越しいただければと思います。
あと、余談ですけど洋楽が好きで、洋楽がよく流れてるので
そっち方面の方もぜひお越しください。

~編集部あとがき~

ジオラマを背景に撮影をさせていただきましたが、本当に精巧な作りで圧巻でした!
ジオラマもそうですが、電車模型そのものも本当に細かい再現度で驚きました。
電車って、車両上部に行先を示すプレートがあるじゃないですか。
その地名までリアルに再現されていましたよ!
実際に模型が走っているところも見せていただき、時を忘れて見入ってしまいました。
いやー、人を惹きつけるものがありますね。

お話を聞いていて感じたのは、スタッフさんとの絆が強いのだろうなということ。
まず、「お客様に楽しんでもらいたい」という共通認識があること。
そして、信頼できる優秀なスタッフに任せられるところは遠慮なく任せるというスタンス。
それが、スタッフさん達のやりがいにもなり、お客様にも伝わり、
結果的にお店が良くなる好循環の源なんじゃないか。
そんな感触を持ちました。

会社名: F&MOKEI株式会社
代表取締役社長:船戸 康志
所在地:東京都千代田区外神田4丁目6番1号
連絡先: 03-6206-0180
事業内容:
1. 鉄道模型・模型工具の製造・販売
2. 鉄道模型などの輸出入
公式HP:https://www.fmodels.jp/