合同会社ほんわか 鈴木豪様にお話を伺ってきました。
WEBコンテンツの制作やステップメール構築サービスを手掛けていらっしゃいます。
なんと会社設立から6年間、営業活動をすることなく売上を上げ続けているそうです!!
そこに行き着くまでの、鈴木さんの「アタマ」と「カラダ」の動かし方を
大公開してくださいました。
ご覧ください!!

独立されたきっかけはなんですか?

最初は会社員しながら副業をやって、ブログとメルマガをやっていました。
そのころは3時間睡眠とかで、朝5時に起きて7時 までブログを書いて、
7時から21時まで会社員をやり、21時から2時までブログを書いて、
倒れるように寝る…といった生活を半年間続けていました。
もう心身ともにボロボロでしたね。

僕はどちらかと言うと人のことを疑う心を持ってないタイプでして、すぐ何でも
信じてしまうんです。
そうするといっぱい失敗するわけですね。

お金を預けて帰ってこないとか、結婚式を借金して挙げるとか悲惨な状況だったんです。

それを誰にも言えずに心に留めたまま、フタを開けると借金だけ残ったという状態でした。

このままいくと、会社員の安月給では到底返せないし、結婚した相手がこういう感じだと
妻に逃げられちゃうなあというのもありました。

そういう思いをすごく抱えていて、稼げるようにならないとやばい、
大げさに言うと死ぬくらいの状況だったというのがありますね。

失敗したことを教えてください

失敗は…「お金が戻ってくる」という口車に乗せられて、当時何もわからなくて言われるままに
お金を預けてしまい、それが結婚式前に無くなったというところですね。完全にこれは失敗。

理由としては、情報弱者すぎたことですよね。世界を知らなかった。
家、学校、会社にずっと守られていて、一歩外に出たらいろんな人がいるじゃないですか。
そのあたりで、自分が弱かったっていうことですね。

そのときに、自分に力がないと生きていけないと思ったんですよ。
夢とかどうでもいいからお金がいるっていう状況で、本当に力をつけないとやばいと
痛感したわけです。

この思いをもとに、半年間ブログを書き続けたんです。
まずは半年で10万円と決めて、それを稼ぐことを目標にやりましたね。
そして、月10万円の目標を半年後に達成しました。
その下積みの半年間は、完全に今の実績に繋がっています。

「ほんわか」という会社名の由来は何ですか?

会社を辞める前セミナーでモノを売っていたときに、自分の意志ではありませんでしたが、
「売りつける」といったようなスタンスが強かったんです。

自分は
「商売」って、売上というかお金をいただいた後が大事だと思っていて。

2つパターンがあると思うんですけど、
1つは数字だけを追いかけて、売った後はもう知りませんというもの。
もう1つは、
「喜ばれながら稼ぐ」ということ。
王道なんだけれども、結構茨の道と言うか。正しいことがしんどかったりするんですけどね。

自分としては後者でありたいわけです。
ちゃんとした両親に育ててもらった中で、人として正しい道を歩きたい、
喜ばれる存在でありたいというのがまずある。

そして「ほんわか」。
「ほんわか」って、
豊かじゃないとほんわかすることはできないと思っていて、
そうなれるような豊かさを提供したいと。
そういう旦那さんであり、パパであったりすれば、奥さんや子供が幸せなんじゃないかなと思って。

それを心に決めて、ちょっとふざけた名前ではありますけど、この社名にしました。

会社の行動指針について教えてください

行動指針も、実は最近決めたばかりなんです。3つありまして、
「知って形にする」「やりました、出来ました」「喜ばれながら稼ぐ」というものです。

1つめの「知って形にする」について。

「知る」で終わってしまっては頭でっかちであり、情報量>行動量になってしまっては
意味がない
ので、知ってから形にするというのがとても大切だと思うんですよね。
アウトプットでもいいし、データやメモでもいいし。
寝て起きたら記憶が飛んでしまうので、飛ばすのではなく形にできれば、
ビッグデータの第1歩と言ってもおかしくないわけです。

形になったら何かしら役に立つ可能性があるわけです。最低限できる行動ですよね。

話を聞くときもそうで、一生懸命「うんうん」と聞いている気がしても、
1時間後忘れてる可能性が高いですよね。
だから「形にする」というのは重要だと僕は考えています。

次に「やりました、出来ました」について。

「どうしようかな、やろうかな」と言っているうちにまずやらないと数字にならない。
そもそも「行動ファースト」でないと。
僕のようにスキルも何も持っていない人間、そもそも素地がない人間が行動しようかどうか迷う
という時点でもう論外というか。

やってみて、いっぱい失敗して傷つきながら考えればいいと思うんですよね。

そのうえで、「やりました、出来ました」というのは、
「やって、できた」という状態を
スタンダードにしないと、追いついていかない
わけですね。
分からないことは調べたらいいし、やってみたらいいんです。

実は2014年ころから個人の方に教えていたことがあるんですけど、そのときから同じことを言っていました。
なので、これは僕自身が「やってきてよかったこと」なんです。ここはマストだと思いますね。

最後の「喜ばれながら稼ぐ」について。

先ほどもちょっと触れましたけど、「このスタンスでいられる人である」ということが、
大人になって…なんていうんでしょう。
人間って1人で生きている訳じゃないじゃないですか。
家族や周りの人に喜ばれる存在であれば、自分がうまくいかないときに助けてもらえたりするわけです。人間的な部分で。

なので、自分にとってマストであるこの3つを行動指針として決めました。

今後について教えてください

今完全に、Web用ツールというものが出てきています。
マーケティングオートメーション化であったり、AI,IOTを使った自動化、デジタル化というものが
どんどん進んでいます。

ただ、システム開発ができた、そして導入したとしても、
じゃあどうやってシナリオを組んだらいいかという話になってしまうんです。
実は、そこからは1社1社寄り添ってシナリオ構築していく必要があるんですけど、
かなりボリューミーなんですよね。そうなると人が必要になってくる。

さらに、そこの領域はシステム開発会社の守備範囲外なんです。
導入した企業が問い合わせをしても、ベンダーだからできないといって断るしかないのが
現状なんです。
何社も同じ現象があるわけなんですね。

こういった状況があるなかで、自分に
何ができるかと考えたときに、
マンパワーは少ないながらもそういうことをやってきた経験がある。
一見何千万ユーザーも抱える大企業のプラットフォームであっても、
中身を見るとフォローしきれない、
マニュアルが機能していない、
人が足りなくていっぱいいっぱいなどの状況がある。

社会の構造上こうなっていると思うんですね。

なのでこれからは、私はほぼ営業というものをしてこなかったんですけど、
何かしらの企業と接点があれば、こちらから動いて行ってこういったニーズに
答えていきたい
と思いますね。
これからも個人を大切にやっていきますけれど、人数も増えてきたし、
より必要とされているところの役に立てればいいかなと思います。

結構大手さんともお話をさせていただく機会が増えて、理念を伝えることもあるのですが、
必要とされている感覚があります。
「心、体、お金」の3点でほんわかを増やすその規模感を大きくしていけたら、
貢献できる人も増えていく。
なので、ガツガツ上を目指しているわけではないけれど、一段階ステップアップして、
そういう企業さんとお付き合いしていけたらいいですね。

嬉しいプレゼントをいただきました!!

シゴタネを見た方限定で、鈴木さんへ「1時間無料相談」することができます!!!
気になった方はコチラをクリックしてみてください♪

企業情報

会社名:合同会社ほんわか
代表社員:鈴木豪
所在地:東京都渋谷区渋谷3-1-9 YAZAWAビル3階
連絡先:03-6869-1334
会社HP:http://honwakallc.com/
事業内容
・コンサルティング業務
・ステップメール構築
・WEBコンテンツ制作
・漫画制作
・起業、独立支援