コピーライティングの 始まり とは


どうもです。
朝活”シゴタネ”ファーム代表の宇部和真です。
 
「書くことよりも、まず考えろ!」

コピーライティングの始まりは、ここに集約されます。

考えずにいきなりコピーを書くのは、
駄作を作るようなものです。

1、誰に向けて、書くのか?
2、どんな価値やベネフィットを伝え切るのか?

考えることが先です。

この始まりを無視している、
考えられていないコピーがほとんど。

なので、以下のチェックリストを参考に
書く前に考える癖をつけておくことをお勧めします。

▶ 誰に向けて書くのか?
▶ 何故、そのターゲットなのか?
▶ 何が価値なのか?そのベネフィット(利便性)は本物か?
▶ あなたの商品は、ターゲットの悩みを100%解決するものか?
▶ 他にはない、あなたの商品の独自の価値は何か?


執筆:宇部和真

/////////////////////////////////////////

朝活”シゴタネ”ファームとは

あなたによる、
あなたとあなたの大切な人を

” 豊かにする ”為の

仕事の”種”が見つかる!
持ち帰れる朝活です!

↓↓↓

下記のオフィシャルページよりご確認ください!
to_lp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


▼集客診断シート限定配布中

集客エージェント
坂本 愛の公式LINE@ができました!
集客をマーケティングに変える
会員限定コンテンツ
無料でプレゼント!

友達追加はこちらをクリックして
登録できます
⬇︎

[ PC専用 ] パソコンからの方は
こちらのQRコードを読み込んで
「友達追加」してください。
⬇︎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナルビジネスプラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。