活性化したメディアを作る7つの方法 とは


どうもです。
朝活”シゴタネ”ファーム代表の宇部和真です。

活性化したメディア作りに1番大切なのは、
知られる機会作りを繰り返していくことに尽きます。

そこで今回は、
どうしたら活性化したメディアを作れるのか?

に対する7つの答えをご紹介していきます。

 
 

1.|徹底する

 
活性化したメディア作りの第一ステップは、
知られる機会作りの徹底です。自分がやっていることを知られたい人に知られるまで
知られる機会作りを徹底します。・文章を短くして複数の情報を発信する
・毎回写真をアップしていく(記事と関連のある画像)
・人と映った時はタグ付けさせてもらう(タグ付けしてもらう)

 
 

あなたがやっていることを、知らせる工夫も大切です。

・シゴトをしている様子をアップする
・事例紹介を行う(お客様の声をアップする)
・ヘッダー画像を用意する
・写真をデコレーションしてアップする
・新サービスの予告をする

 

3.|プロフィール

 
知られる機会作りを行っている本人が
どこの誰なのか?を、知らせることも必要です。
・プロフィールはストーリー性を持たせる
・プロフィールには過去の実績も載せる
・夢、ビジョン、志を載せる
 

4.|仕組化する(効率化)

 
手動で行っていることを、
自動的にできるように仕組化することで
効率的に知られる機会作りができるようになります。
・穴埋め式投稿テンプレートを作成しておく
・写真の撮り溜めをしておく
・Facebookページの予約投稿機能を使って記事をストックする
・メディアを複数の個人で運営させる
・役割、スケジュールを管理する
・チェックリストを用意する
 

5.|反応の出やすいテーマで発信する


・成功談より失敗談
・恋愛の小ネタ・テクニック論
・クイズを出す
 

 

6.|他のメディア、他者との連携

 
・投稿した記事をそのまま喋って、YouTube動画にアップする
・Facebookに書いた記事をブログにアップする
・はてなブックマークを活用する
 

 

7.|創意工夫

 
・大量行動するなら、1日6〜8記事アップする
・いいね、コメントを行う
・モデリングする人を見つけて真似ぶ
・ノウハウレポートをプレゼントして注目を集める
・タイトル、タグを最適化する

 

|まとめ

 
いかがでしたか?
 
活性化したメディア作りは以上の7つを意識していくと、
あっという間に作り上げられます。ただし、全てを一人でやろうとするとパンクしますので、
できる限り自分のキャパをカバーしてくれる人たちとコミュニケーションを取り
チーム組織として1つのメディアを活性化させることをオススメします。

執筆:宇部和真

/////////////////////////////////////////

朝活”シゴタネ”ファームとは

あなたによる、
あなたとあなたの大切な人を

” 豊かにする ”為の

仕事の”種”が見つかる!
持ち帰れる朝活です!

↓↓↓

下記のオフィシャルページよりご確認ください!
to_lp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナルビジネスプラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。