”裏” シゴタネ 、ちょこっと見せます!


どうもです!
もうすぐハロウィンなのにNOPLANな 坂本愛 です(°Д° )

 

今回は、 シゴタネ 運営の裏側『”裏” シゴタネ 』をご紹介!

 

■ どうやって企画を立てているの?
1週間スパンで毎回違う企画を立てるのって結構アイディア力が問われると思うのです・・・

 

しかし、このシゴタネ運営スタッフには、
0を1にする”企画創造”のプロである宇部 和真 (Kazuma Ube)と、 
その企画を24時間以内に”見える化”することができる
デザインのプロ福田 泰仁 (Yasuhito Fukuda)がいるから、
このスピード感が保たれているワケです☆

 

朝活終了後には、必ず反省ではなく、”改善”をミーティングをしてますよ〜!

 

どうしたら1時間で来てくれた人の問題解決ができるか?
どうしたら1時間で来てくれた人がたくさんの価値を持ち帰られるか?

 

かといって、真面目だけではツマラナイ(^_-)

 

私たちスタッフのモットーは、『正しさよりも楽しさを!』
無料メールマガジン会員の方は
随時配信される開催情報をチェックしてみてください!
to_lp

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナルビジネスプラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。