ロバートチャルディーニ 著『 影響力の武器 ④ 』 書評


シゴタネ 3分良著!PART⑰

書評:影響力の武器 ④

※米国の社会心理学者『ロバートチャルディーニ』氏の著作
⇒シゴタネ激押しの1冊です。バイブルです!
愛があるので今回の連載は長くなりそうです!

『朝活したいけど時間がない』
『勉強したいけど活字は嫌い』
『やる気はあるけど何すればいいかわからない』

そんなあなたにお届けする『3分で読める仕事のタネ』

今回のテーマは『みんながやっているから』です。

はじめに

『行列はさらなる行列を生む』

日本人の悪しき風習とまで言われる
周りに流される』こと

これは『社会的証明の力』と本書では説明されています。

では、実際に
・なぜ、周りに流されるのでしょうか?
・周りに流されることはいけないことなのでしょうか?
・どうすればいい方向に行けるのでしょうか?

①なぜ周りに流されるのか??

このブログを読んでいる人は
周りに流されることは愚か』と思っているかもしれません。
しかし、本当にそうでしょうか??

そもそも、この話の基礎として
お伝えしたいのが

「周りに流される」というのは
価値判断の基準を大衆に依存する
ということです。

みんなが選んでいるから
良いもの、良いこと、良い人、である。
と考えることです。

以前のブログを読んでくださった方はお判りでしょう。

その背景には
価値判断の簡略化

が潜んでいます。

これは私たちの身近で重要なことにも関係しています。

多数決』です。

多数決も「より多くの人が選んだものはいいもの」という
仮説がありますよね??
(※決める上での平等を担保する目的も強いですが・・・)

つまり、ある種の考えをすれば
流されること』は『合理的なこと』とも言えます。

では、流されることの何が愚かなのでしょうか??

②周りに流されることは何が愚かなのか?

私たちは知らず知らずのうちに周りに流されています。

「人気No.1」を作るのは「他人の評価」ですし
「一番の売れ行き」を作るのは「他人の選択」です。

ついつい、AmazonでNo.1を選んでしまいませんか??

しかしながら・・・・

流されてもいいのではないでしょうか??

そうなんです。
結局はバランス

判断の簡略化
or
熟慮と調査により最善を選ぶ

のどちらを選ぶかの話です。

 

どの掃除機を買うか?

はAmazonに任せましょう。
みんなの買う掃除機はきっとまあまあいい掃除機です。

どの人と結婚するか?

は熟慮を重ねましょう。
みんながいいって言うor悪く言う
だけで判断する問題ではないと思います。
おそらく、正解は自分の中にあります。

③いい方向に行くには??

このように「社会的証明の力」とは
流されるのではなく、抗うわけでもない
そんな「程よい付き合い」が必要です。

 

もしあなたが
「周囲に流される自分は嫌だ」
「自分で選んだ道だけど不安」

といったお悩みを持っているようでしたら
是非一度シゴタネのところに遊びに来てください。

きっとお役に立てますよ!!

《シゴタネファーム主催のお役立ちサロンはこちらから》

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 宇部 和真
1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。

高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナルビジネスプラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。