冨田和成 著《 鬼速PDCA ④》


シゴタネ 3分良著!PART⑫

《鬼速PDCA④》
※「2038年までに時価総額100兆円を超え」を掲げる株式会社ZUU代表取締役『冨田 和成」氏の著作
⇒他所のブログを勧めるのもなんですがこの冨田氏のブログはシゴタネ本気のおススメです!!

『朝活したいけど時間がない』
『勉強したいけど活字は嫌い』
『やる気はあるけど何すればいいかわからない』

そんなあなたにお届けする『3分で読める仕事のタネ』

今回のテーマは『鬼速adjust』です。

はじめに

著者公式ブログより引用

鬼速PDCA 第4弾

P D C

ときて今回は最後の「A」のお時間です!

シゴタネは学生のころ「Action」で習っていましたが
本書ではわかりやすくするため「Adjust」としています。
シゴタネも本著に習って「Adjust」でご説明。

ご存知の方も多いと思いますが
このAステップは「改善」つまりPDCにより得た結果を

「善く改める」

ことが目的です。

その改めるために「調整」が必要、と著者は解説しています。

とはいえ、「調整」って何をすればいいの??(´・ω・`)

という方が明日から「調整」ができるように
シゴタネが3ステップで解説します。

①Adjastの目的

計画して、実行して、検証した…

あとは何をするべきか…

それは「次のステップへの準備」です。

Checkにより得られた情報を次は何に活かすのか。

それが「Adjust」という訳ですね!

失敗したときはわかりやすいですよね!
・どこが悪かったのか
・何をすれば成功に結びつけられるのか
・そもそもPlanは適切だったのか

Adjustするポイントがザクザク出てきます。

では、成功したときは?
今回は成功したし、現状維持?

えっ!?そんな甘いことでいいの??(´・ω・`)

成功した時こそAdjustです!
何故、成功できたのかをCheckして

・より大きく成功するためのAdjust
・より確実に成功するためのAdjust
・より素早く成功するためのAdjust

そうなんです。
成功してもAdjustは大切なのです!

②Adjustの種類

Adjustの必要性は伝わりましたか?
では、実際に見せてみましょう!

Case 町のお花屋さん 

Goal=集客:3/1現在 2月実績 70人/月 → 4月目標100人/月

【Plan】
チラシを発行しよう!
手に取った人のうち5%が集客できると仮定して・・・
600枚を配るんだ!

【Do】
こだわりチラシで評判の店でチラシを発注しよう
近隣施設に置かせてもらおう (30枚/1施設 ×20施設)

【ToDo】
明後日くらいにはチラシを発注しよう
2店舗/日で電話して、10日くらいで終わるだろう!

【Check】
チラシは発注から納品まで3週間かかった。
チラシは15施設 計400枚しか配ることができなかった
4月末の時点で減っているチラシは300枚だった。
今月の来客は80名だった。

さて、彼は何をAdjustすればいいのでしょうか??

Adjustのやり方には3種類の方法があります。

①Do・ToDoを見直す
②Planを見直す
③Goalを見直す

これを今回の例に当てはめると・・・

①Do・ToDoを見直す
⇒・チラシにこだわる必要があったのか
・チラシの発注を早めることはできなかったのか
・30枚/店舗は適切だったのか
・20店舗で十分だったのか

②Planを見直す
・600枚で十分だったのか
(=実際300枚が配られ、来たのは10人)
・チラシが最適な手段だったのか?

③Goalを見直す
・100人/月は適切な目標だったのか?

Adjustで気を付けなくてはいけないのが
①~③の順番です。

失敗の後には
「100人/月は無理だったかな・・・」
「そもそもチラシじゃなくSNSのほうが・・・」

と思ってしまいがちですが、

まず見直すべきは①のDo・ToDoです。

DoをAdjustせずにPlanやGoalを見直すのは
あまり得策とは言えません。

③Adjustを実践する

いかがでしたか??

ここまで来たら、Adjustが見えてきたのではないでしょうか?

シゴタネは目標のために自分をAdjustして頑張る方を応援しています!

Adjustしたいけどいまいちうまくいかない方
是非シゴタネの『お役立ちサロン』へお越しください!

調整し成長するあなたのお役に立てる日を楽しみにしています!

 

《シゴタネファーム主催のお役立ちサロンはこちらから》

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう




*お名前(姓・名)
*メールアドレス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナルビジネスプラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。