冨田和成 著《 鬼速PDCA ③》


シゴタネ 3分良著!PART⑪

《鬼速PDCA③》
※「2038年までに時価総額100兆円を超え」を掲げる株式会社ZUU代表取締役『冨田 和成」氏の著作
⇒他所のブログを勧めるのもなんですがこの冨田氏のブログはシゴタネ本気のおススメです!!

『朝活したいけど時間がない』
『勉強したいけど活字は嫌い』
『やる気はあるけど何すればいいかわからない』

そんなあなたにお届けする『3分で読める仕事のタネ』

今回のテーマは『成功のためのCheck』です。

はじめに

著者公式ブログより引用

はい!これから始めるのは
皆さんが嫌いな『検証』の話です。

検証、って嫌いな方が多いと思うんですよね。
もしくは、やらない、という方。
やりたいけれど時間がないという方。

では、なぜ検証されないことが多いのでしょうか?

検証に失敗する2つのパターン

書中では検証に失敗するパターンは主に2つである、と解説しています。

①『やりっぱなし』パターン

これは耳が痛い人が多いのでは?

『やりたい事』や『できる事』に特化するあまり
『その結果』や『効果』に目を向けられていないパターンです。

「とりあえず始めてみよう」
「やってみてから考えよう」

という状況に多く見られるパターンですね。

②『確認だけ』パターン

これは管理系の仕事に多くなりがちですね。

週一の会議などで現状の確認をする。
A「○○は目標未達でした」
B「どういうことだ!」
A「××が少し忙しくて・・・」
B「そんな言い訳は知らん!できたはずだ」
A「すみません…(・・・無茶言うなよ)」

こんなやり取りに覚えはありませんか?

一見、検証をしているようですが
これでは検証の力を全く発揮できていません。

検証の持つ本当の力とは?

上記の2つの失敗は
『検証の価値』を理解できていないために生じていると
シゴタネは考えています。

その価値とは
『成否要因の見える化』です

たとえばさっきのこの会話

A「○○は目標未達でした」
B「どういうことだ!」
A「××が少し忙しくて・・・」
B「そんな言い訳は知らん!できたはずだ」
A「すみません…(・・・無茶言うなよ)」

Aさんはなぜ○○の目標を達成できなかったのでしょう?

これは3つの質問によって答えが出てきます。

①  やるべきことは理解でいていたか?
②  時間はかけられたか?(行動はできたか?)
③-A なぜ行動はできたのに成果が出なかったのか?
③-B なぜ行動できなかったのか?

そうなんです。

この『なぜ(Why)』まで到達して初めて
『検証』の価値が発揮できるのです。

Aさんの「時間がない」は正当な理由かもしれません。

・タスクが多すぎる
・締め切りが短すぎる
・人員が足りていない
・指示が抽象的で無駄が多い

勿論Aさんが原因かもしれません。

・効率が悪い
・他の事に時間を使っている
・時間があるのにやっていない

この「なぜ」の解明こそが
検証のもつ大きな価値なのです

なぜ検証は嫌がられるのか

このように大きな価値をもつ『検証』が
なぜ嫌がられるでしょう。

シゴタネは2つの点にあると考えます。

①動機が弱い

人にもよりますが一般的には
PDCAのうち、Checkが最も”楽しくない”と
感じる方が多いのではないでしょうか?

Planは夢が広がる
Doは前進していると感じる

では、Checkは?
Check単体で価値を生み出せることはほとんどありません。
「考えるな、感じろ」ではないですが
Plan⇒Doを繰り返していたほうが価値があるようにも感じます。

確かに、最初のうちはそうかもしれません。
しかし、より大きく成長するためには??

より良いPlan より良いDoのためには
嫌でもCheckと向き合わなくてはならない日が来ることだけ
覚えておいてください。

②現実を突きつけられる

もう一つがこちら。
試しに、最近の自分の失敗を「なぜ」まで突き詰めてください。

最終的には『自己批判』にたどりつきませんか?

なぜ、時間がなかったか?
なぜ、より効率化できなかったのか
なぜ、目標を高くし過ぎたか?

そうなんです。
Checkは『厳しい』のです。

それでも成功したいあなたへ

先ほど述べた通り
Checkは初め『厳しく』『つまらない』ものかもしれません。

しかし、これが習慣化したらどうでしょう??

・あらゆる手法を最適化することができる
・自分の夢までの道のりがわかる
・『失敗』を『成功のタネ』に変えられる

生半可にやるなら、楽しくやりたいだけなら
Checkはお勧めしません。

遊び場に効果検証とか持ち込まれたら嫌ですよね(´・ω・`)笑

ただ、本気なら『Check』をしましょう。

やり方がわからない
本気さは誰にも負けない
どうすればいいだろう

と思ったら是非シゴタネファームに来てください。
本気の皆さんとお会いできること楽しみにしています!

 

《シゴタネファーム主催の相談はこちらから》

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


今、こんなことで悩んでいませんか?

✔︎ インターネットを導入して業績アップしたいけど難しいと諦めている方

✔︎ ウェブやホームページを頑張ったことがあるけど、一向に人が集まらずに諦めた方

【無料】インターネットを活用した
業績アップ受付窓口申し込み

小さな会社や
小さなお店のための
インターネットを取り入れた集客法

「昔と今とじゃ、反響が変わってきた...」

インターネットを取り入れて
本当に集客できるのか不安

だけど、インターネット集客を
 諦めたくない!

という方は

浅活インターネット活用代行窓口
ぜひご利用ください

▼集客診断シート限定配布中

集客エージェント
坂本 愛の公式LINE@ができました!
集客をマーケティングに変える
会員限定コンテンツ
無料でプレゼント!

友達追加はこちらをクリックして
登録できます
⬇︎

[ PC専用 ] パソコンからの方は
こちらのQRコードを読み込んで
「友達追加」してください。
⬇︎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナルビジネスプラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。