集客のタネ フードビジネスコンサルタント 向け 担当先の リピート 率をあげるには


おはよう愛子こと、 坂本愛 です♪
ここでは、私が秘書をしている 朝活シゴタネファーム 代表 宇部和真 のカウンセリング事例、独り言アイディア、耳から漏れたアイディアを勝手に拾って紹介しちゃいます(^O^)!!

今日は早速おもしろいアイディアが出ました!

フードビジネスコンサルタントをされている方へ、担当しているお店のリピート率アップに繋がるアイディアとしてぜひ活用していただきたい内容です。

勿体無いを有り難いに変える新サービス『再生調理レシピ』

 

先日、とある居酒屋に行きました。
坂本は初めてですが、 宇部和真 はよく来るそうです。
そのため、注文を宇部さんに任せていると、
宇部さんが、どうみても食べきれない量を注文しています。

 

坂本愛
宇部さん、そんなに注文して大丈夫ですか?
宇部和真
大丈夫だよ。ここは美味しいから、ペロッと食べれるから。
万が一、食べきれなかったら、持ち帰れるから。
ほら、ここにマークが付いているのは、
持ち帰れる料理だから

 

メニュー表には、弁当箱のような小さいマークが付いている料理が
たくさんありました。

坂本愛
持ち帰れる料理がメニューに載っているのは珍しいですね。
でも、この隣のマークは何ですか?

弁当箱マークの隣に、フォークとナイフのマークが付いています。

宇部和真
あっ、これね。これはね、持ち帰った後でも美味しく食べれるように
ちょこっとレシピがもらえるマーク。
家に帰った後、ただ温めるだけでじゃなく、ちょっとしたアレンジで
より美味しくなる方法を教えてくれるんだよ

持ち帰りをお願いするとドギーバックと一緒に、
料理に合わせたレシピももらえるそうです。

坂本愛
なるほど。家に帰って食べて、あまり美味しくなかったら、
お店にとってもイメージよくないものなぁ
宇部和真
そう。作りたてが美味しいのは当たり前だけど、
持ち帰って食べる時のことまで考えているなんて、
そうないよね

帰り際に、どうなったのか?


 

集客のタネがもらえる

顧客のリピート率を上げるための朝活開催中
勉強会の詳細内容確認・お申し込みは下のボタンをクリックしてね♪
↓↓↓↓↓↓↓

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 宇部 和真
1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。

高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナルビジネスプラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。