リンダ・グラットン 著 《 LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略②》 


 

シゴタネ 3分良著!PART⑤

《LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略》
※人材論・組織論の世界的権威『リンダ・グラットン』氏の著作

特別製第二段!!
今度はちゃんと良著の内容にも触れますよ!!

今回のテーマは『新時代の3つの変化です。

時の流れは何を変えたのか?

変化、を語るうえで大切なのは

今⇒未来

で何が変わるのか?
だけではありません。

昔⇒今

で何が変わったのか?

そこから何が読み解けるのでしょうか?

今回は3つの視点で読み解きます!

第一の視点 「人」

2016年の日本の平均寿命は83.7歳
これはいまだに世界一の水準であり
日本長寿化を知らない方はいないことでしょう。

おそらく、自分も80歳くらいまで生きるのかなー
考えている人も多いのではないでしょうか?

20歳-65歳を働いて80歳まで暮らすモデル

『これが一番合理的じゃないか(´・ω・`)』

と思った方!ちょっと待って!!

 

寿命中位数』という数字をご存知ですか??

特定年に生まれた子供の50%が到達と予想される年齢

のことなんですが、本書によると

2007年に先進国生まれた子供の寿命中位数は100歳を上回る
というのです!!
※もっと低いよ、という推計も存在します。厚労省はもうちょっと低かったかと。

実際に書中に紹介されていた寿命中位数が
・アメリカ・・・104歳
・イギリス・・・103歳
・フランス・・・104歳
・日本・・・・・107歳

・・・107歳‼‼

脅しのような真似は好きではありませんが
皆さん、107歳まで生きる準備してますか???
残念ながら昔のシゴタネはしていませんでした(´・ω・`)

20-65歳まで45年間働いて
65-107歳まで42年間過ごす。。。

えっ⁉ 大丈夫??これ??

こんな変化が今私たちには起きています。

第二の視点 「環境」

10年前のことを覚えていますか??
こんなことがありました。

・ソフトバンク内通話無料『ホワイトプラン』開始
・docomo『データ定額プラン』開始
・米国apple『iphone』を発表
・google携帯電話向けプラットフォーム『Android』発表
・携帯小説『恋空』が大ヒット
・第一回東京マラソン開催

いかがでしたか??

10年前の非常識は今の常識であり
今の非常識は10年後の常識になり得ると思いませんか??

対して

どれだけの10年前の常識が今までに打ち破られてきたでしょうか?

『ガラパゴスケータイ』の例なんかが有名ですが

常識は『変革する』か『ガラパゴス化する』ことで
生き残っていっているのでしょうね。

第三の視点 『産業革命』

「第四次産業革命」って聞いたことありませんか??
わかりやすい図を作ってくださっている方がいたので引用させていただいて・・

http://scf.jp/ja/essay/a005.phpより引用

つまり・・・
IoT(モノのインターネット)による産業革命です!!

 

これにより何が起こるのでしょうか??

『運搬実務』を例にとって考えてみましょう!
※数字等は一例です

【革命以前】必要人員:500人
大人数で手分けして荷車で運搬

【第一次】必要人員:100人
蒸気機関によって少人数で多くのものの運搬が可能に!
《いらなくなったもの》運搬人員の多く

【第二次】必要人員:80人
電気エネルギーによって細かな移動も電動で可能に!
《いらなくなったもの》作業員の多く

【第三次】必要人員:40人 ←いまここ
コンピュータによって計量や記録が自動で可能に!
《いらなくなったもの》事務員の多く
※ここから知識労働とされていたものも減っていく!!

【第四次】必要人員:10人
インターネットでつながり、発注ボタンを押せばロボットが計量し運搬
《いらなくなったもの》管理者以外

そうなんです。
つまり、技術の進歩により少人数で
仕事が成り立つようになっていっているのです。

一見仕事がなくなり困るように見えます。
しかし、悲観しないでください!

少人数でもやりたい事ができる世の中に進歩しているのです!!

最後に

いかがでしたか??

今回お伝えしたいのは

私たちの人生は長く
自由にやりたいことができるように
変化を続けている

ということです。

働き方を見直したい方
変革をしたい方
やりたい事を実現したい方

お会いできる日を楽しみにしています

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


今、こんなことで悩んでいませんか?

✔︎ インターネットを導入して業績アップしたいけど難しいと諦めている方

✔︎ ウェブやホームページを頑張ったことがあるけど、一向に人が集まらずに諦めた方

【無料】インターネットを活用した
業績アップ受付窓口申し込み

小さな会社や
小さなお店のための
インターネットを取り入れた集客法

「昔と今とじゃ、反響が変わってきた...」

インターネットを取り入れて
本当に集客できるのか不安

だけど、インターネット集客を
 諦めたくない!

という方は

浅活インターネット活用代行窓口
ぜひご利用ください

▼集客診断シート限定配布中

集客エージェント
坂本 愛の公式LINE@ができました!
集客をマーケティングに変える
会員限定コンテンツ
無料でプレゼント!

友達追加はこちらをクリックして
登録できます
⬇︎

[ PC専用 ] パソコンからの方は
こちらのQRコードを読み込んで
「友達追加」してください。
⬇︎

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

宇部和真

惹句工房 代表 宇部 和真 1990年 8月16日 千葉県船橋市生まれ。 高校卒業後、大学にも行かず、就職することもなく、2012年4月、セールスコピーライターとして独立。得意なことは、「ビジネスをRE:デザインすること。」これまでに1000人以上の起業家、経営者様に”独自の価値の売り文句”をベースとした、オリジナルビジネスプラン〜販売戦略のシンプルな作り方を教える。